ツインレイミッション=愛の使命を果たすために「自分で自分を満たす方法(好きと嫌い)」とは!?

ツインレイミッション

こんにちは、かすみです。

 

皆さんがツインレイとの試練を乗り越えたり
本当にあなたを愛してくれる人を引き寄せて
ツインレイミッション=愛の使命を生きるために
必要なステップを一つ一つ、お伝えしています^^

 

そもそも
ツインレイミッション=愛の使命とは!?

 

と言う場合は、こちらからお読みください。

 

 

そして、その愛の使命を
ツインレイが力を合わせて遂行していくために
必要なこと、まず、最初に必要なことを
次の記事でお伝えしています。

 

 

こちらの記事でお伝えをしている通り
負の感情をありのまま感じ切ることは、大事で
自己愛なんです。

 

感じること。

 

それは、喜びであれ、寂しさや悲しみであれ
命があるから、できること。

 

それが痛みであってもその痛みの中からしか
得られないものがあります。

 

それに気づくまで
いい感情だけでなくて
負の感情を吐き出していくこと
感じようとする癖をつけること
感情のありのままの自分を受け入れること
それが自分自身の心への愛です。

 

その経験からでしか
生きる喜びは、生まれないんですね。

 

なぜ、私は、この記事でまず
痛みや刺激を味わうことを書いているかと言いますと
それを感じようとせずに抑圧したり我慢する癖が
当たり前になって
自分が「何が好きか?」をわからない以前に
自分が「何が嫌いか?」が分からない方が実は、たくさんいる!?

 

と思ったからです。

 

好きなもの、理想、欲求、望み。

 

それは、なにが不満なのか?
何が嫌なのか?
何が嫌いなのか?
何がストレスなのか?
何に我慢しているのか?

 

それが明確に言えるようにならないと
「じゃぁ、どうしたいのか?」の意見が
出てこないのは、自然なんです。

 

だから

 

まずは、「NO!!」と言えるように
「痛い!!」と言える感覚を研ぎ澄ませる。

 

私が去年、行いましたメールセッション=コーチングの中で
何年もできなくて引きずっていた「離婚」が
なんと1か月のメールセッション中に決まって、成立してしまった!!

 

ものすごいスピードで
現実が動いた方がいました。

 

他にも奇跡の現実を動かした方がいますが
今回は、離婚を事例にあげます。

 

その方の離婚が成立したのは
そのお客様自身が自分の「嫌」という感情への主張を
はっきりと感じるようになって
それを肯定して主張できるようになったから。

 

そして
さらには、そのさきの「どうしたいのか?」と言う望みを
はっきりと自分の中で言えるくらい
リスクがあっても乗り越えていくという
前向きな気持ちを貫ける強さ=メンタルが生まれたからです。

 

リスクがあってもそれでも
「このままでは嫌だ、自分は、こうしたいんだ!!」
という自分の気持ちを優先して貫ける力=自己愛が
生まれたからです。

 

なので
闇雲に好きなことを探すことよりも
まず、「痛い!!」「嫌だ!!」と感じるセンサーを
まず取り戻すことが先だと
私は、自分の経験から得てきているので
お伝えしています。

 

まず、そこに立ち戻って
その感じる力を取り戻さないと
「好きなこと」や「好きな人」も見えなくなってしまって
自分が自分の人生を選択することが
できなくなってしまうから。

 

だから、まず、感覚を取り戻す。

 

痛い!!と言う心と体のサインを受け取ってあげる。

 

痛みを感じることは、健康な証拠です。

 

まず、そこから、意識して欲しいんです。

 

そして、何が「嫌」なのかに気づいたら、そのまま
自分がどうしたいのか?求めるものがはっきりするまで
自分の気持ちに正直になって
未来の望みが明確になったタイミングでシフトしていって欲しいんです。

 

そうして
自分の人生を生きる喜びを楽むまでの
痛みを感じきる、闇の過程を進むプロセスを
「無視」しないで欲しいんです。

 

その境地から乗り越える経験でしか
得られない愛があります。

 

リスクがあってでも貫きたい、前進したい気持ち。

 

それが生きる力、生命力です。

 

愛や健康の土台なんです。

 

そうした、自立心を身につけていくことは
ツインレイの相手と力を合わせて生きるために
必要なものです。

 

お互いがそうなって成長するごとに
ツインレイの距離は、二人の成長具合に応じて
進展していきます。

 

嫌いなことがはっきりわからないと
好きなこともはっきり分からない。

 

だから

 

まずは、何にイライラするのか!!
何が不満なのか!!
何がストレスなのか!!
何が悲しいのか!!
何が寂しいのか!!
何が痛いのか!!
何が悔しいのか!!

 

正直に感じ続けて、そして
あなたの「こうしたい」と言う欲求を
自分の愛の力で
見つけてあげてください。

 

自分の負の感情と向き合うことこそ
自分への理解です。

 

それは、他者にはできない。

 

あなたが理解して寄り添ってあげて欲しいんです。

 

嫌いを自分の中で主張できないと
その経験を通じて好きと言う感情も
生きる喜びも生まれません。

 

それの経験や感覚を忘れてしまったら
きっと
他者愛も生まれないでしょう。

 

生きる喜び、成長する喜びやチャンスを
相手から奪ってしまうでしょう。

 

相手を信じて手をかさずに
自立を遠ざけないことも愛です。

 

与えすぎてもエゴになりますし
依存してしまうものです。

 

皆さんの経験から得たこと感じること思うこと
そこから生まれた答えが
現実を作っていく力になると思います。

 

今回は、自分で自分を満たす方法
好きと嫌いの感情についてのお話をしました。

 

前回、今回は、スタートの生命力が必要なので
痛みや刺激や嫌いなどの負から生まれる自己愛について
土台で本当に大事な部分なのでお伝えしましたが
次回は、「好き」と言う感情から生まれる愛のパワーについて
お話しできればと思います。

 

最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。